読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちごの肌ブログ

野菜と果物で内側から肌のキレイ

条件が揃えば、

皮膚科のお医者さまにお聞きしたことがあったのですが、 「何歳頃までニキビって出来るものなのでしょうか?」と これに対してのお返事が「ニキビの)条件が揃ったら何歳でも」という回答でした。 わぁ。 そ、それは気が抜けない。 洗顔・寝具の清潔・食生活…

新鮮な野菜・くだもの。

野菜と果物をいただこうよ。大地の恵み。 それと良質な睡眠。この二刀流で肌は蘇る。 「食べてるものやでぇ~」と言われたお友達は 「どういったものを摂るのがいいのでしょう」とメールをよこしました。 その時に今ほどの知識があったら、→知識というより「…

冬場は野菜鍋。

夫もダイエットの必要性に気づきふたりで取り組むことになりました。 夫は過去20キロ近くも減量成功していて、基礎は叩き込まれており、 わたしにとっては力強い援軍現る!です。 ちょうど決意した晩のメニューは鱈と野菜の水炊きで、 カロリーは抑えられた…

肌は外側と内側との連携。

本当の美肌は外側(塗る・洗う)と内側(食べる・眠る)のつながりで 出来ているものだと考えます。 どちらかがバランス過多でも肌に反映する。 「食べてるものやでぇ~」と言われた友人も、 「布団の清潔はどう?」と聞いた妹も、どちらの意見も正しかった…

まずは野菜から食べる。

食べ順ダイエットに「まずは野菜から食べる」そのあとにたんぱく質 →炭水化物…と行きますね。 まずは野菜。これは肌が喜びます。 今の季節だとトマトはいかがでしょう。 夏の疲れた胃にもいいですし、美肌効果抜群のリコピンが含まれています。 抗酸化作用も…

ブロッコリーでふきでものが穏やかに。

食事・寝具の清潔・洗顔を丁寧にする いろいろいろいろやってみて万策尽きた頃に、 「そうだ、ブロッコリーを食べてみよう!」と 胃の荒れによく効くというブロッコリーに賭けてみました。 最近のふきでもの・にきびは口の周りに集中していたからです。 茹で…

禁煙スイッチ。

タバコと言うものをやめて13年は経つだろうか。 最近は副流煙にも抵抗感が湧いてきて仕方ない。 居酒屋でここぞとばかりにスパスパやられては 値上がりした上に吸う場所も制限され肩身の狭い想いをされているとはいえ、 いい加減にしてくれませんかと物申し…

そっと洗顔。

現代は泡の洗顔料が豊富に出ていて 泡たてネットなど要らない時代だ。 顔はそっと洗わなくてはならない。指の強い刺激でも肌は壊れる。 美白の化粧品のモデルの女優さんの白肌はあてにはならない。 写真も動画も修整がきくからだ。 わたしは地黒である。 よ…

フルーツ肌。

朝のフルーツ大作戦で顔の肌の荒れが治ってきました。 手触りで分ります。つるつるふくふく。 最近では桃が好きです。甘くておいしくて。 旬の果物が店頭にない場合、バナナで代用します。 自然なビタミン摂りましょう。

肌とは関係ないのですが。

フルーツは朝に頂くほど太りにくいそうです。 「44キロなんてやだよ」さっそく彼からブーイング。 51キロでもいいんだけどね。 まあそこは折衷案で。

朝フルーツで美肌とダイエット。

実は午前中は菓子パンが止められなかった観音崎です。 でもっ! 菓子パンをフルーツに変えます。 ダイエットも視野に入れて。 美肌と痩身。かなえちゃいます。 夢の40キロ台よ、来い! 目標は44,4キロ。4って数字がスキなんです。

苺さんが苺で肌育て。

タイトルのとおりなのですが、美白効果も狙ってます。 タバコを吸っていた頃はビタミンCを破戒しつづけた (10年以上前に禁煙) ことを思えば苺で美白もありえなくもない。 せっせといただきます♪ 秋が楽しみ☆

味噌汁にハマってみてね。

野菜類が苦手なかた、またはコンスタントな調理の苦手なかた。 手始めに好きな味つけでいただける野菜料理1品からはじめてみましょう。 食べられる、好きな味わいの野菜料理のレシピをモノにしてみましょう。 野菜たっぷりのお味噌汁など敷居が低いので(つ…

我が家浅漬け。

今年の夏から浅漬けの素を使い ボウル一杯の浅漬けを仕込むことが増えました。 でも野菜生活・数年目のワタクシはのっけからかっとばされました。 ボウル一杯って…多くないですか? 浅漬けってなんか小皿か小鉢でいただくイメージだったもので。 今朝漬けた…

桃をキレイにむく。

桃のむきかたでいいのを見つけたのでメモがわりに置いておきます。 薄青文字クリックでレシピ(というか手順)にいけます。 この季節にいっぱい摂りたいフルーツですね。

夏、ラーメン鍋。

暑さも厳しくなってサラダや火を通さなくて済む浅漬けが続いた。 そんな中でラーメン鍋をした。袋のラーメンを人数分、土鍋で煮る。 スープを既定量の水でつくってその中に野菜をどんどん切ってほりこみ煮ていく。 私「先日のラーメン鍋の野菜はホッとしたよ…

ニキビ無し肌。

ニキビを出していた頃、どんなに高い化粧品を使っても 心は晴れなかった。野菜は手間がかかってキライだったし 今よりは味付けは濃くてはっきりしたのが好きだった。 精神的にイライラしてばかりだった。で、ニキビが増えて悪循環。 温野菜を調理し毎日食べ…

夫の肌。

夫の肌の綺麗さについて書こうと思う。 つい先日も昼寝明けの彼の肌がめちゃめちゃツルピカで見惚れてしまったほどだ。 若い頃から野菜を摂ってきていたし男性だから化粧もしてない 化学モノの影響の無い肌。短い睡眠をとっただけでうっとりするほどいい肌だ…

食べるものは大事。

前にテレビで見た。整形手術をする女の子が医師から 「食生活をととのえなければ手術が出来ませんよ」と言い渡されて ジャンクフード中心からせっせと手作り食事を摂るようになっていた。 私も菓子パンだけで済ませていた時は3日目くらいで肌がプツプツと荒…

インスタントのスープを使って野菜を煮込む。

もともと料理好きではなかったのに野菜をしっかり摂ろうとすると 自然に台所に立てちゃういい感じが自分をつつむ。 最近は○○のマートに水菜が出てないのよねえ、寂しい… …水菜食べたい、沢山お浸しにしてワシワシ食べたい、と考える。 温野菜は人参が何分で…

禁煙してから10年経過。

禁煙してから10年は経過してます。そう、私はかつてタバコを吸っていました。 止めよう!と決意したのが目の下がカサカサになって化粧もノらない、 超乾燥肌になったから、なんですね。 どんなにビタミンCを摂ってもタバコ1本でチャラになってしまう、 怖さ…

泡たてネットと石鹸。

洗顔用泡たてネットもオクラの入っていた緑色のアミアミ(ネット状)の袋を使用しています。こんなトコまで野菜。使える野菜! いいぞ、野菜! ちなみに石鹸は無添加のものを使っています。洗顔だけでなくシャンプーにもしています。石けん素地だけで作られ…

ニベア青缶だけの身軽さと安心感。

資生堂のマキアージュと中国由来の薬用のスキンケアシリーズ(ニキビ用ね) を愛用していた、今よりは若き頃のわたしは大いなる悩みがあった。 持病での入院時などいつもの化粧品が買いにいけなくなり、 化粧品類が途切れてしまった後の肌はどうなっちゃうの…

ビタミンを摂りましょう。

壊血病とは主に肌のトラブルが深くなる状態だ。 治癒にはビタミンCの摂取が必要になる。 大航海時代には難しかったビタミンの摂取が現代は豊富な野菜や果物で完全になる。 私はニキビ肌を40代最初まで引きずってきて それ以降、野菜摂取生活に切り替えたため…

ファウンデーションは300円です。

「お野菜を食べなさい」って台詞が出てきたのは吉本ばなな「白河夜船」だったような。読んでから20年の経過で野菜派になった観音崎苺です。 ところで現在のメイクは100均のリキッドファンデーションを使用しております。前は「100均のものを塗ったらニキビが…

フルーツにも美肌道あり♪

母のよく言っていた話です。 「肌のとても綺麗な友人に、<どんなことをしているの?>って聞いたら 彼女は<私、果物を食べるのが好きなのよ>と答えたのね」 フルーツの摂取はなるほど良いかもしれません。 果糖にさえ気をつければ肌にはとても良さそう。 …

野菜食の最強。

大人ニキビを撃退できたのは野菜食を始めてからになります。 それまではニキビに良くない飲み物・食べ物を控えたりなどしてきましたが、 コーヒー好き・油モノの食事大好き派には制限は辛かったですねえ。 それがパートナーの影響で1日1度は野菜をたっぷり摂…

肌力。大人ニキビにも野菜食。

皮膚科で伺ったことがあります。 「条件が揃えば何歳でもニキビになります」とドクターは仰っていて 当時は暗澹たる気持ちでした。アクネ化粧品では限界を感じていた頃です。 大人ニキビにもやはり野菜食をおすすめします。 「そういえばニキビって出なくな…

美白への提案。

紫外線が気になる季節ですね。 美白用の化粧品や日焼け止めを一切使わず白肌を手にいれませんか? 紫外線を日傘や服などで徹底的に防ぐのです。 顔は普段からのメイクでじゅうぶん日焼けを防げます。 そして秋を迎えてください。 去年まで頑張って日焼け止め…

自分をちょうどよくつつめたら、ほら、バラのようにいい匂い。

難しいことは毎日続かないもの。 肌の手入れもシンプルにいきましょ。 荒れていたらまず「つつむ」ことをしましょう。 背中は洗いすぎないくらいがいいようですね。 かかとは油分の濃いクリームでケア。 お顔はよく洗い流す、「濯ぐ」のがだいじです。 身体…

寝ジワ伸ばしと沢山の野菜。

洗顔の後にニベアのみを続けています。 それも顔を下から上へリフトアップするように塗っています。 このためかどうかはわかりませんがほうれい線やゴルゴ線の悩みはありません。 美輪明宏さんのご本に「朝起きて寝癖を直すように顔の寝ジワも クリームを塗…

ときめきのススメ。

ストレスを手放す。 手放すとは無いことにする、とは違います。 手放すとは自分のものにしないこと。 あなただけのオリジナルのオーラをだいじにすること。 ストレスとあなたは混じらないものです。 混じらないからこそ苦しく感じるのです。 あなたはストレ…

野菜メニューをバリエ豊かに覚えたら。

お金のかからないことって結局手間が膨大にかかるんですよね。 野菜を毎日摂るのは化粧品を揃えるよりは安く済みますが 調理という手間がめちゃくちゃ敷居の高いものです。 つくりたての温野菜は美味しい上に 毎日食べていくとめちゃめちゃ肌がぴかぴかにな…

美白と日焼け。

私はとても日に焼けやすくて小さい頃は特に色が黒かったほうです。 きょうだいがしみじみ言いました。「初期の安室奈美恵くらい黒かったよね」 そんな焼けやすい肌の私が経てきた美白歴史をひとつ。 基礎化粧品やメイク用品をライン使いしていた頃は顔の日焼…

かかともお肌。

かかとの荒れをすべすべにするには椿油が最適です。 ほかに馬油など油分が濃いタイプのクリームなども良いでしょう。 お風呂あがりに適量をかかとにすりこみ靴下を履いてください。 靴下が苦手なかたでも10分こらえて履いてみてくださいね。 椿油はたとえば…

お金をかけずに美肌。

美肌の秘訣に 「野菜食」 「睡眠」 「いいセックス(心からのリラックス)」 と3つの大切なことを述べました。 たとえば野菜だったら生産者が分かる野菜や有機野菜にどうしても拘る! 睡眠の質を上げるために○○の枕を買う!クラスの高いシーツを買う! など…

カラダのリラックス。

美肌の秘訣・いいセックス とのっけから書いてしまうとムダにアクセス数伸ばしてしまうかとも 考えました。そんな相手はいない!や「いいセックス」が成立するには どうしたらいいの!?という女性たちの悲鳴がきこえてきそうなので。 ここで本当にお伝えし…

睡眠のチカラ。

美肌の秘訣・睡眠。 睡眠は肌にとてもだいじなことです。 この場合「良質な睡眠」にこだわらなくても大丈夫とも言えると思うのでした。 私は精神的に眠れない時期が続いても肌に大きく影響したことはないので 睡眠に関しては「絶対に!」「夜10時から2時まで…

メイクの前に野菜食。

美肌の秘訣・野菜食。 野菜をたくさん食べるようになった以前・以後では 劇的に肌の調子が変わりました。 肌荒れを本当に起こしにくくなったのです。 艶もととのってきました。 肌荒れが治ると顔をあげて行動できて人生もあかるくなります。 野菜を食べると…

肌はこすらない。そっとそっと扱う。

虫刺さされを掻く、ニキビをいじるなど、 経験的にもってのほかなんだろうなと感じてきました。 美白美容液を使った際にすりこみ過ぎたら逆にシミがひろがって 取り返しのつかないことになったりなど、肌はこすると本当にダメです。 口のまわりのムダ毛を毛…

シャンプーについて。

自分で今まで使ってきたシャンプーの銘柄を紙に書き出すと楽しいです。 シャワランビューティ 恋コロン髪にもコロンヘアコロンシャンプー&リンス ウエラシャンプー&トリートメント ラックスのシリーズ マシェリ 美容室おすすめのシャンプートリートメント……

ニベア使いオンリー。

私は現在ニベアを使用しています。 顔・からだ・髪にも。 化粧水や美容液、髪のワックス等使わずニベアオンリー。 これが合っていたようで例えば資○堂やカ○ボウなどの 基礎化粧品ライン使いの頃よりもずっと肌の調子が良いのです。 肌荒れもなくなりました。…

はじめまして。肌ブログ開始です。

突然に書きたい題材がふんわり降りてきました。 心に着信するってこういう感じかあ… 私、観音崎苺が肌に関しての体験やこれまでを振り返ると 未来の女の子として育っていくみなさまに 私が失敗から学んだことからも、だからこそたどりついた答えにも お肌に…